『屋根の葺き替え』。屋根・外壁リフォームの価格相場。リフォーム会社を探すならHOME'Sリフォーム(戸建て・マンションリフォーム)。

屋根・外壁の価格相場 価格相場90万円~

(写真提供:山商リフォームサービス株式会社)

屋根の葺き替え

想定工事内容
(1) 屋根平米125m²
(2) ガルバリウム鋼板
内訳
材料費:45~100万円、工事費:30~50万円、工期目安:4~14日

成功リフォームのポイント

  • 家の耐久性にかかわる大切な部分なので、定期点検は4~6年おきに、交換は10~30年おきぐらいを目安に。
  • 素材により特長もコストも異なる。屋根の形状や勾配により使用できる素材や工事費に差があるので、現場下見を依頼して詳細な見積りを取ること。
  • 太陽電池モジュールと屋根材の一体型もあるので、デザイン性と省エネを兼ねたリフォームも得策。国や自治体の補助金も利用できる。
定期的なメンテナンスを行い傷みを早めにチェック
屋根の置かれている環境は、住まいの中でももっとも過酷な状況にあり、また傷んでその機能を失ってからでは、補修が手遅れになる難しい部位。普段目につく場所でないこともあり、意識して定期的にチェックをすることが必要です。定期点検は4~6年の間が目安に行い、交換の目安は素材や劣化具合によりますが、10~30年ぐらいといわれています。
材料や形状、勾配などで費用が異なる
屋根材は、セメントを基材にした化粧ストレート、ガルバリウム鋼板などの金属系、昔ながらの粘土瓦とそれぞれに特長があります。屋根のリフォームでは、広い面積に用いられるためコストに差が出る材料はもちろん、屋根の形状や勾配などで工事費に差があるので注意が必要です。切妻や寄棟などの屋根形状や屋根の勾配がきついかどうかで、工事の手間が異なり、費用にも影響します。シンプルな切妻屋根よりも寄棟の方が高く、また、軒の出が深く、急勾配で、屋根の重なりが多いとそれだけ費用は高くなります。素材によって、最低の屋根勾配の規定があるので、外観デザインと併せて屋根材を検討するとよいでしょう。
屋根材一体型太陽電池モジュールもおすすめ。補助金も利用可能
最近では太陽電池モジュール自体が屋根材となっているタイプも普及しており、デザイン性を損なわずに太陽光発電システムを設置することができます。また、一般の屋根材と比較しても耐久性は問題ありません。太陽光発電システムの設置には国や自治体の補助金も利用できますので、リフォーム時にオール電化とともに検討してはいかがでしょうか。

全国のリフォーム会社を探す

リフォーム価格相場「屋根の葺き替え」を参考にリフォームしたい物件のエリアに対応したリフォーム会社を探してみましょう!

●ご注意
※「リフォーム価格相場」の価格情報はHOME'Sリフォームに掲載するリフォーム会社7社へ概算見積のアンケート調査(2010年8月)から算出したものです。
※「リフォーム価格相場」の情報はあくまでも目安であり、リフォームする現場の状況などにより金額・工期が異なるため、その情報を保証するものではありません。詳しくは掲載リフォーム会社までお見積り・お問合せください。
※法律にかかわる表記(補助金、減税など)については、2010年7月のものとなるため、現在変更されている場合があります。

ページの先頭へ戻る

リフォームの知っておきたいトピックス。

 

リフォーム相場を多数掲載!「はじめてのリフォームBOOK」もれなくプレゼント!
リフォーム会社選びをお電話でサポートします!
リフォームのTOPページへ戻る

『屋根の葺き替え』。屋根・外壁リフォームの価格相場(HOME'Sリフォーム)。経年劣化で古くなった屋根を新しくする場合の一般的な費用(材料費・工事費)や工期の目安、屋根リフォームのポイントをご紹介します。HOME'Sリフォームは、リフォームに関する情報満載のリフォーム専門サイトです。

Copyright (C) NEXT CO.,LTD. All Rights Reserved.